hosomizuの日記

井の中の宇宙人👽の日記

キーワードは、ゆで卵🥚

私がTwitterでフォローしてる著名人

(広告関係の人とか、作家さんとか、クリエイターの人とかフォロワーたくさんの人)が、

めちゃめちゃプッシュしてる本を

2つ買いましたー。




Amazonの本ランキングも2つとも上位!





今日のブログは、


読書感想文ならぬ読書感想ブログです〜。



いきまーす。



まずは、
こっち!!

ボクたちはみんな大人になれなかった



尊敬してる人達が、
この本に対して、そして燃え殻さんに対して

とにかく熱く 何がどういいのか

つぶやいてたり、

感想を 記事にしたり。



帯には、
数々の著名人が、 コメントしてて、

とにかく

期待!





もうね、さっくさく読めるんですよ。


さっくさく!


「あー、すごい、、」

「こんな修飾語 !!」

「表現のしかた!!」


なーんて、思いながら







ー本閉じるー

パタン。(もう終わっちゃった。)










帯をみる。




糸井さんのコメント。
リズム&ブルースのとても長い曲を聴いているようだ。

なんとなくわかるような、わからないような。


とりあえず、
《ブルース検索🔍》っと。






孤独感、悲しみ、なるほど、なるほど。




《ブルース代表曲🔍》検索


The Thrill Is Gone

The Thrill Is Gone



あー、暗くてオシャレなバーでかかってそう〜。
(行ったことないけど)





ここまで、私のブログを読んでくれて、

【ボクたちはみんな大人になれなかった】を

まだ読んでない方に、

少しだけ 私なりに この本の説明をします。




まずは、小沢健二さんの歌を聴いてね。
〈▶︎ボタン ポチッとすれば、視聴できます〉


恋とマシンガン -Young,alive,in love-

恋とマシンガン -Young,alive,in love-

  • FLIPPER'S GUITAR
  • J-Pop
  • ¥150

ラブリー

ラブリー

  • Michelle143
  • J-Pop
  • ¥250




この感じの空気感忘れずに!


  • この本は小説!フィクション!
  • 主人公は アートディレクター、43歳
  • 今は、雑誌とかに取材されちゃうくらいのポジションになってる会社員。
  • 忘れられないブスの元カノがいる
  • 東京で、よくわからんけど、がむしゃらに仕事頑張る主人公
  • 1990年代での東京に住むいろんな 人達の観察
  • facebookで、結婚して幸せそうなブスの元カノに友達申請しちゃう主人公
  • 1995年は、この主人公が20代前半、ブスの元カノと出逢った年。



この本を読んだ私の条件を整理。

  • 1995年生まれ
  • 田舎育ち
  • まだ学生(バイトしかしたことない)
  • 1990年代のドラマ大好き
  • 小沢健二の恋とマシンガン聴きながら大学通う
  • 村下孝蔵だいすき
  • 最近全部観たドラマは「あなたのことがずっと好きだった」


っていう、バブリーな時代や、
ひと昔前の文化を好んでる私(20代)





“ボクたちはみんな大人になれなかった”感想








【結論】



若干、ひと昔前の文化が好き!!っていうだけでは、

この本の良さを

理解できなかった!





なんだろう。


この本を読んで、

涙する人、絶賛する人

っていうのは、

この主人公と自分を重ねて、

重なるポイントが たくさんある人なんだろうなぁ。





著者の燃え殻さんも

いろいろな人に受け入れられるように作った


ってインタビューに答えているんですけど、



やっぱり、

1990年代

そして、東京を知ってる人が、

めっちゃ共感できる本、なんじゃないかな?

って、思いました。



私は、そこまで共感ポイントが なかったです。



しかも、泣けなかったです








なんだか、
期待値を最大に上げていた自分と、

バブリーな時代を同世代よりは、
詳しいつもりでいた自分が恥ずかしくて、


心がモヤモヤしながら、


バイトをして、


お昼は、伊予製麺で、


かけうどんとゆで卵の天ぷらを注文しました。

板東英二のEGスチーマー TS-9688-1J

板東英二のEGスチーマー TS-9688-1J







(改めて帯を読む)


新時代のハードボイルド小説だ!(大根仁

「なんだよ、ハードボイルドって」



【ハードボイルド🔍】検索








え?



私は、食べていた天ぷらのゆで卵を落とした。









【ハードボイルド】=“hard boiled ”=“固く茹でられた”?!?!?!




ほんまや!



考えたらそうなんですよ。

ハードボイルドって固ゆで卵ですよ。

一気にダサっ!!





わたし、ハードボイルドって、


無口で、かっこよく仕事こなして、

バーでタバコ吸いながら、

お酒飲む っていうイメージだったから、

ゴルゴ13 185 天空の毒牙 (SPコミックス)




まさか、固く茹でられた卵とは!





くっくく。



ってなって、周り見渡したけど、
1人で食べてたし、

誰も この面白さ分かってくれる人がいなさそうなので、



にやにやしながら、ゆで卵と、うどん 食べ切りました。



もう一度、きっちり、ハードボイルドについて読むと、




周りに流されない人間、冷酷非情。




お母さん(40代)に、
【ボクたちはみんな大人になれなかった】を読んでもらって、感想を聞くと、

「たしかに、

ハードボイルド調だよ。」

って。

どうやら、

自分の行動を、客観的に文章を書くこと?が、
ハードボイルドって定着してるんかな?

行動に自分でアフレコつける!みたいなイメージ。




では、ハードボイルドの原点の定義

何にも屈しない 固い男 が、

この本の主人公なんだろうか?




この主人公は、固ゆで卵🥚なんだろうか?






むしろ、


このハードボイルドについて、

冷静に考えている、

今!この瞬間のわたしこそ

真のハードボイルドなんじゃないか!!





ちがうか、、、




もし、

わたしと同世代で、この本を読んで、
泣いちゃった方が居たら、

是非とも語りたいです。


そういうの考えるの大好きです。




このまま、

人生の勝算 (NewsPicks Book)

についての 読書感想ブログ書こうと思ったけど、

疲れましたよね。わたしも疲れました。



次回の記事は、【人生の勝算】についての読書感想ブログです。


題名は
【モテない奴は 本を読め】

です。題名決めてました。
(ちなみに前田さんはそんなことゆってません。)







以上です。

美味しくないものも美味しいと信じ込む。そしたら美味しかった。

「ブログのヘッダーに載せている絵日記が気になる!」

 

と言われましたので、

 

写真載せますね。

 

 

f:id:hosomizu:20170719003932j:image

(2016年の7月21日の日記です。 )

 

 

年パスを持っているほど、

神戸市の須磨水族館が好きなんです。

 

 

f:id:hosomizu:20170719003421j:image

 

展示物の説明がなんか、おもろいというか。

もっと他に書くところあるだろ!!って。

 

 

とりあえず、

説明飛ばして、

 

水槽だけ見ていた人!!

勿体無いです~

 

f:id:hosomizu:20170722083850j:image

 

 

 

 そして、 

先日は、姫路水族館に行きました。

 

f:id:hosomizu:20170721214848j:image

 

幼稚園ぶりでしょうか。

 

わたし、後悔しました。

 

 

どうして、もっと、行かなかったんだろうって。

 

なぜって?

 

 

 姫路水族館も、

 

これまた、

めちゃめちゃ

魅力的だったんです!!✨

 

 

まず、

 

水族館内にモノレール館があります。

 

f:id:hosomizu:20170719005011j:image

 

こわっ!

 

 

水族館自体には

 

クジラとか入るような

巨大な水槽があまりなくて、

 

小さな水槽が並んでいます。

f:id:hosomizu:20170719010950j:image

 

 

 「あ!ここにカエルいる!」

f:id:hosomizu:20170719005154j:image

 

って思ってたら、

 

 

 

 

 

 

f:id:hosomizu:20170719005203j:image

 

ぜーーーんぶ、カエルでした

 

 

これには、わたしも

一緒に居た友達と絶叫

 

 

他にもジャンボタニシとか展示されてます。

f:id:hosomizu:20170719011056j:image 

(ピンクのたまご!)

 

 

 

1人で行くとお気に入りの水槽を

気の済むまで見ることができるという点で

独り水族館は最高ですが、

友達と行って水族館の楽しみを伝授することも

わたしの楽しみです。

 

 

一緒に行くと、いろんな子から

「こんなに水族館っておもしろかったんや!」

って言ってもらえます。

 

なんか、わたしの着眼点が 面白いらしくて、

ほそかわ視点で見ると、

水族館が、面白くなるみたいです!!!

ありがたい!うれしい!!

 

 

 このわたしの着眼点についてのお話

今日はなります。

 

 

基本どうしたら、面白くなるか 、っていうのをひたすら考えて生きています。

 

『もし、質問されて、こんなことをサラッと答えたら 面白いやろなー』

って思いながら図鑑を隅々まで読んだり、

 

人が嫌がるレポートを、こいつ頭おかしんじゃないの?ってくらいに

くそ真面目に取り組んだりしたら客観的にみたらおもろいかもしれない。

 

といった感じです。

f:id:hosomizu:20170721234458j:plain

 

 

物事に対して、

どうにか面白さを見出してみる

という考え方はいつからなのか?

どうやって形成されたのか?

 

友達にも

「ほそかわの視点ってどこから生まれてるの?」ってちょうど質問されましたし、

考えてみました。 

 

 

それで、

 その答え的なのを見つけました!

 

 

これは、

幼稚園から書いてる日記。

f:id:hosomizu:20170721220925j:image

 

「お父さんに今日あった話を書いて!」

 

って言われて、書き始めたのが最初です。

 

 

 

f:id:hosomizu:20170721221532j:image

幼稚園のころは、ほとんど題名が、

「〇〇してたのしかった」ですが、

 

『散歩やお絵かき』のような

めっちゃしょうもなーいことでも

 

楽しみを見出してます。

 

 

 

日記を読み進めると、

出来事に対して独特な捉え方をし始めているのが、分かりました。

 

 

  

わたしが小学2年生ですね。

f:id:hosomizu:20170721223842j:image

 手相で遊んでる!っていう、表現。。

 

↓可哀想な私について書いている日記。

f:id:hosomizu:20170721224450j:image

 

たぶん、小学2年生の 私のトレンドワードが、

「エロ」だったんでしょうね。

 

↓またもや、「エロ」って書いてる。

 f:id:hosomizu:20170721224729j:image

 絶妙に憎たらしい絵を描いているのが

笑えます。

 

これなんか、

 〇〇が たのしかった調の日記では

完全になくなって
起承転結風な仕上がりに。

 f:id:hosomizu:20170721225809j:image

f:id:hosomizu:20170721225751j:image

 

ちなみにMくんは、せきがえで横になった エロな男の子です。

 

 

 あと、

【発見】を書くようになっています。

 

f:id:hosomizu:20170721230033j:image

 

 

 ラッキョをたべてみた!なんて、

一日でもっとほかに書くことあっただろ!!ってツッコミたくなりますが、

美味しいって気づいて、

挑戦する大切さまで、小学二年生が生意気に語っちゃってます。

 

 

幼稚園や小学校で、それほど代わり映えのしない毎日を送っている中、なんとか、

日記のネタを探し続けていたからこそ、

 

人にとっては平凡で面白くないことも、独自の視点で

それは面白いものだ!一旦、自分を勘違いさせてみる能力

 

が培われたんだと思います。

 

 この一旦、自分を勘違いさせてみる能力とは?

 

例えば、

  1. 美味しくないものを、美味しいと思い込んで食べてみる。
  2. めんどくさい宿題が、自分は、大好き!と思い込んで取り組んでみる。

 

そしたら、先入観を捨てたことによって、

発見があったり、自分なりの楽しみ方を見つけることができます。

 

先ほどの例だと、こんな風に、

  1.  美味しくないと思ってたけど、なんだか大人になる食べ物だった。やっぱり美味しくないけど食べれなくはなかった。(発見
  2. めんどくさい宿題を取り組む時に、字を綺麗に書く事をミッションとしてみたら、なんだかノートが綺麗にみえて課題が楽しくなってきた!(楽しみを見つける

 

 結局、何が言いたかったというと、

 

固定観念を捨てること!

 

ほんとコレが

なんでも楽しむ視点を持つ秘訣す!!!

 

 

そんな私みたいに、

いろんなものに対して先入観なしに興味を持って生きてきた人が、

 

こんな面白い本を書いているんですよ。

 

 

成功の神はネガティブな狩人に降臨する――バラエティ的企画術

成功の神はネガティブな狩人に降臨する――バラエティ的企画術

 

 

 

角田さんの【なんでも】楽しむ視点で、【なんでも】興味 を持って生きてきたっていうのは、

私以上にガチの【なんでも】で、

 

みんなの嫌いな(もちろん私も嫌いな)

学校で学ぶ勉強に対しても

角田さんは先入観なしに興味をもち、

楽しみながら勉強をしたので

 

 

東大を卒業されています。すごい

 

楽しく勉強が出来たら

そりゃもう、最高ですよね。

 

 

 

 

角田さんは、さんまのからくりテレビや金スマ、など数々のバラエティー番組を手掛けている敏腕プロデューサーで、

この本では

どうやったら、面白い企画を考えれるのかについて自身のエピソードを交えながら企画術を書いてくれています。

 

おそらく、この本は企画力を身に着けたいビジネスマンが手に取ることが多そうですが、

 

私はこの本を小学生に薦めたいです!!

その親にも薦めたい!!

 

 

例えば、みんなとは 違う趣味を持っている小学生がこの本を読めば、

あっ!

僕って、私って、このままでいいんだ、って後押ししてもらえると思います。

 

親が読めば、子供の好奇心を絶対に潰さないような環境を作ってあげようって思うとおもいます(角田さんが東大出身ってことも説得力~)

 

 

わたしは前述の通り、

好奇心にあふれていて、

なんでも知りたいタイプで、

なんでも楽しもうとする性格を元々もっていますが、

 

この本を読んで さらに 固定観念を捨てて、いろんなことに踏み込んでみようと思えました。

 

 

仕事が企画系じゃないから、

別に読まなくていーや!って思っている方もいるかもですが、、。

 

 

人生は企画の連続、、、ですよ!

 

明日のお昼なにしよっかな?(これも企画!)

 

 

『いつものとこでいっか!』

じゃなくて、

 

美味しくなさそうな、

いつも行かない場所に行ってみると

 

実は美味しい店って発見できるかもしれない!

(責任は一切負いません)

 

 

まあ、まずくてもそれはそれで 

思い出として楽しいですよね♪

 

 

 固定観念を捨てちゃって、

なんでも楽しもうという気持ちで、

人生生きてれば

なんでも楽しくなっちゃうんですよ

 

f:id:hosomizu:20170722092836j:image

 

 

 

以上です。

ほそかわの最近読んだ本レポートでした~

実は前回の記事・・・・

はい、

 

実は前回の記事で取り上げた

世界的 有名な未来インテリアデザイナー

 カコ・オカモト氏 。

 

 

hosomizu.hatenablog.com

 

じつは、じつは、、、、

 

 

全くの 素人。

 

 

 

でもないか、、、

 

 

私の1つ年上の先輩で、

大学卒業後→就職ではなく、

インテリアの大学に 行き直しているという

大学1年生です。

f:id:hosomizu:20170710000728j:image

 

つまり、未来は、インテリアデザイナーになりたい学生!

 

あながち、間違いではない、肩書き↓

 

f:id:hosomizu:20170709132235j:image

 

 

 

 

 

【あれ?ホソカワ、やばいやん!

なんか、セカイのオカモト?!え、有名な人?と接触してるやん!!】

 

って何人かは、 勘違いしちゃった人もいたのではないでしょうか?、、

 

ちなみにお父さんは勘違いしてました。

 

(きっと先輩のご友人が 前回のブログをみると、 

すぐにオカモト氏が 世界的有名インテリアデザイナーではない!と 気づきましたよね。。)

 

 

 

 

 

ではなぜ 私が 半フィクション

 嘘インタビュー記事をかいたかというと、

 

 

こちらの雑誌を読んだからなんです。

 

 

KINFOLK HOME

KINFOLK HOME

  • 作者: ネイサンウィリアムス,Nathan Williams
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/10/30
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

『KINFOLK』:2011年アメリカ オレゴン州ポートランドで創刊されたライフスタイル誌。

 

 

KINFOLKは丁寧な暮らし方についてを

綺麗な写真と言葉で 語ってくれる雑誌で、

 

見ていて

すごく感化されますし、読んでいる自分も

素晴らしい人間であるかのような

錯覚を起こします。

 

 

今回私が手に取った KINFOLK HOME は

35人の暮らしのスペシャリストのお家に

お邪魔して″暮らし”をテーマに

語ってもらう という 内容でした。

 

 

(内容はあいまいにしか覚えていないのと、

本のネタバれになるといけないので

だいたいこんな感じというものを例に挙げてます)

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ある北欧の建築士

ウィリアム•ペタンソー(仮)の 暮らし についての インタビューは

 

f:id:hosomizu:20170709024448p:image

「僕は、仕事をするときは 完全に一人の部屋で 夜遅くまで取り掛かるよ。かの有名な偉人たちも夜型と聞くしね!あとは、体には悪いと 思っているけどコーヒーを飲むのも 僕の こだわりさ。」

 

わたしの 心の声

「なるほど、白くて大きな壁には、有名な人が描いていそうな 抽象的な絵が飾ってあって、無駄なものを置かないって 感じがなんか素敵。

仕事は、夜にすれば   はかどるのか?

わたしも夜型やし、、」

 

 

続いては、

インテリアデザイナーとして活躍する

アメリカの 女性カレン•ウォーカー氏(仮)の暮らしについての紹介。

 

f:id:hosomizu:20170709024557j:image

「私も、彼も 潔癖症なの。

でも、子供もいるし、完璧主義者でいることは、あえて避けているの。子供の教育のためにもね。

仕事のときは、 私は子供がまだ起きてないときに、私だけの空間で作業をするの。

早朝よ。

食べ物は できるだけ体に良いものを摂るようにしてるわ。」

 

 

 わたしの心の声 

「こんなに小さな子供がいるとは、思えない綺麗すぎるリビング!すごい!子供のために、早朝に起きて仕事するかぁ。。朝活スタイルね。空気も澄んでて朝ってなんか集中できるよね。体に良いものを食べるかぁ、、、いいよね。」

 

 

そこで、

 

 

 

わたしは、

 

 何かが、

 

 

 

おかしいっ!!

 

 

って気づいたんです。

 

 

 

50回転ズのビックリ!!

 

 

 

 

  • 夜型推奨 VS 朝型推奨

 

  • プチ不健康推奨VS絶対健康生活推奨

 

「いや。どっち真似すればいんだよ!」

 

 

でも、どっちの生活スタイルも、

素敵に見えちゃう魔法。。。☆彡

 

 

あとね、1番 アレ?ってなったのが、

 

「お前誰だよ!!問題」

 

f:id:hosomizu:20170710003801j:image

 

 

 

“誰もが知っている”ていで 語られる登場人物に、  

 

いつも違和感を湧かないのは、

 

何故だろう  って、 

 

気づいたんですよ。

 

 

前回の記事で、取り上げた

 

カコ•オカモト氏。

 

 

おそらく、読んでいて、

 

「未来インテリアデザイナー?有名?

わたし知らなかったんだけど、、、」

         ↓

よしっ、

どんな人か調べてみよう!検索!

 

って思って、検索画面で実際に

「カコ•オカモト」と、

 打った人って  

ほぼいないんじゃないかな?って思います。

 

わたしも、

こういう有名人が語る系の記事を見て、

その人を知らなかったときに、

わざわざ、人物検索することってないんです。

 

インテリアデザイナーとして活躍する
アメリカの 女性カレン•ウォーカー氏(仮)の暮らしについての紹介。

わざわざ、カレン•ウォーカー氏を調べないですよね。

 

 

 

 

もしかしたら、雑誌に取り上げられている 

リュウ・カイ氏とか、バサラ・オータム氏(←想像で適当に作った名前)とか

 

本当は 

名前検索しても、

インテリアデザイナーとかファッションデザイナーとして活躍してないかもしれない!!!

 

 

って思ったら めっちゃ怖くないですか!?

 

 

怖いですよね、洗脳ですよ一種の。

 

 

だから、

 

 

わたし 

 

こういうインタビューとかあったら、

これからは 絶対に 一回 検索してみようと 思いました。

 

 

 

 

みなさんも 肩書とかにだまされないようにしてください。

 

 

 

 以上です。

 

 

 

 

 

ちなみに、カコ・オカモト氏は

一切、こけしスパイスなどの発言をしておらず、

 

前回の記事は全て 私 が 妄想で創り上げた インタビュー記事です。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来インテリアデザイナー /セカイのOKAMOTO

 


「著名人に“暮らし”について聞いてみる」

 今回インタビューに答えてくれたのは

 

未来インテリアデザイナーとして
活躍中の カコ・オカモト氏

 

f:id:hosomizu:20170708164256j:image


自身の ”暮らし” について 語るのは

今回が初めてだという。


 
‐今まで 数々の 紙面からの取材を 断ってきたのには 何かわけがあるのですか?

 


オカモト(以下オ)
「シンプルに どこからも 取材とかなかったき。」

 


実は高知出身のカコ・オカモト氏。土佐弁を混じえながら謙遜する。これだけ有名でありながらも低姿勢である。

 


‐先生、すみません。

先生のことは、誰もが知っていると思うのですが、ご自身の経歴などを

先生の口から語っていただいてよろしいでしょうか?

 

f:id:hosomizu:20170708164839j:image
オ「いいよ。

わたしは高知出身で、高校卒業してから行った大学は ミズキ(筆者)と同じだよ。この取材を受けたのも、同じ大学やったからだよ。」

 

-ありがとうございます!!


オ「四年制の大学で経営学部生してた。

もちろん、
大学三年生の後半から周りのみんなと同じように就活したよ。

でも、大学4年の5月後半かな?周りは内定もらってる子もいた時期ね。


【本当にワタシがしたいのはインテリアだ! 】

 

って、気づいたのよ。」


‐え!?先生、その時期にですか?

 

 f:id:hosomizu:20170708220527j:image

 
オ「そう。それで、前から目を付けてた東京のインテリアの勉強ができる大学に入ったのよ。」

 

 

そんな破天荒ともいえる人生を選び、歩んできた

カコ•オカモト氏に

今回の本題  、、“暮らし”について聞いてみた。

 

 

-先生にとって“暮らし”とは?

 

 f:id:hosomizu:20170708213417j:image

 

オ「こけし、、、こけし のようなものカナ?」

 

 

•••••••出ました、世界の オカモト節です!!!!

 

-先生?こけし?というと?あの木で作られた人形のことで合ってますか?

 

かわいいこけし (玄光社MOOK)

 

 

オ 「あってもなくてもいいもの。こけし

わたしが手がけているインテリアの数々も あってもなくてもいいもの、つまり  こけしをコンセプトに手がけているわ。」

 

f:id:hosomizu:20170708214021j:image

 

オ「わたしにとって、“暮らし”には、

あってもなくてもいいものを 側に置くことが必要なの。そういったものが身近にあると、

インスピレーションを受けて、

インテリアのアイデアが湧いてくるの。

 

 

わたしのライフスタイルには、

こけしスパイスを振りかけることにこそ 意味がある。」

 

f:id:hosomizu:20170708231632j:image

 

-先生!先生!待ってください!こけしスパイスってなんですか!?!

 

 

オ「スパイス。それは何気ない生活にちょっぴり味付けするものよ。」

 

先生は、急に1枚の写真を見せてくれた。

 

 f:id:hosomizu:20170708221958j:image

 

オ「この写真をみてどう思う?」

 

-どこですかね?金沢とかですか?カップルが写ってますが、、

 

オ「そうね、カップルがいるわね。でも、この写真、実は、、、

 

f:id:hosomizu:20170708221310j:image

 

-あれ?先生が写っている!!しかもカップルより大きく!

だけど、不思議!

先生よりカップルに目がいきます!!

 

オ「ザッツライト!その通り!わたしは この写真のスパイスなのよ。」

 

f:id:hosomizu:20170708212642j:image

 

-すごい!すごくよく分かります!!

先生が!先生がスパイスです!先生がいるだけで写真がピリッとしてます!!!

 

オ「ふふっ」

 

 

-そういえば、

先生の髪型は こけしっぽいですね。

f:id:hosomizu:20170708232452j:image

あと、昔からのあだ名もこけし らしいですが、それは、もしかして?

 

 


オ「ザッツ ライト!その通りね。わたし自身が “暮らし”に 振りかける スパイスの一部、
こけし”に なるつもりなのよ。」

 

-そんな意味があってその髪型なのですね!!!深い!深すぎる!先生!感動です!

 

 

f:id:hosomizu:20170708232527j:image

ここでインタビューは、終了。

 

先生のこけしに対するリスペクト、そして、

自分の暮らしのみならず、

みんなの暮らしのスパイスになるために

ご自分まで  こけしに寄せていく スタイルは

セカイのOKAMOTOの異名を持つだけあり、やはり只者ではないと筆者は思ったのである。

 

“暮らし”にスパイスを。

そして、だれかのスパイスになるような生き方。

より良い“暮らし”の考え方として今回のオカモト氏の話は非常に 読者のみなさまに参考になるのではないだろうか?(編集:hosomizu)

 

 

 

取材場所:高円寺  エセルの中庭

f:id:hosomizu:20170708225507j:image

 

 

 

 

 

このお話は半フィクションです。

 

 (続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵が上手くなりたい人必見!

突然ですが、みなさん、
人がオナラをしているところを描いてみてください。
(このお願いをした理由はあとで、分かります)






前回のブログでは、


プログラミングお絵描きのプロセスが、
類似していることに気づき、

絵を描くことって、
様々な知識を連続させているだけ

その知識を学べば、


絵って意外に簡単なんだよ〜。

ということをお伝えしたつもりです。





そのブログを読んだ方から、

こんな コメントを頂きました。




というものです。



前回のブログの題材を“模写 ”にしたのが
分かりにくかったかもしれませんが、





投稿者もこさんが、苦手としている

何もお手本がなくて、
自分で想像して絵を描かなければならないとき
も、

模写の要領と同じで、

“知識”を備えれば 誰でも描けるようになります。

と、投稿者もこさんには、 返信致しました。


その返信に続き、


私は、
投稿者もこさんに、
「人がおならをしているところを描いてみて?」
と、頼んでみました。





すると、、、









顔の表情、肩の位置、腰の反り具合、足の短さなどについてのコメントは、さておき、



これは、『オナラをしている!』と、

誰でも分かるイラストではないでしょうか?



おならってガスなので、

当然 人の目には見えないし、

正確に描くのなら透明なはずです。




しかし、投稿者もこさんは、

過去に

おそらく漫画などを見て、

知らず知らずに、

オナラの表現の仕方という、知識を得ていたのでしょう。


だからこそ、
•お尻を突き出す。
•お尻から煙のような 線を描く

という

オナラをしている人と 分かる 絵が描けているのです。

(見る側も、オナラをしている絵とはどんな条件なのか知っておくべきではありますが)




違う人の例を見てみましょう。



の場合


先に、お尻と 煙だけで、表現した絵を描いてくれたのですが、


「人もいれて!」
とお願いすると、



このような

いかにも、昭和なイラストで表現してくれました。


完全に 〜すかしっぺ〜 ですが、

オナラ=煙を描く

という知識は、母の中であったのでしょうね。

お尻から煙のようなものが出ているので、
みなさんも、これは、
“人がおならをしている”、と認知できるではないでしょうか?


続いてです。

やはり夫婦ですね。


お尻と、煙だけの イラストを先に描きました。


「人もいれて!」とお願いすると、




とんでもない作品が出来上がりました。














顔の不細工さと、
顔と体の割に足がものすごく細くて小さいので
奇妙きわまりないです 、、、


また、頭の上の毛虫のようなモノは一体何なのでしょうか?




しかし、私が1番気になったのは、


裸なのに、 靴と靴下を履いていることです。





だがしかし、
父も やはり、
投稿者もこさんと、同じように、

•お尻を突き出す
•煙を描く

という要点はおさえています。

オナラをしている人と、ギリギリ分かると思います。


あと、父曰く、手すり?!も持っているらしいです。

踏ん張っているところを表現しているみたいです。






そして、こちらはの作品です。



父の遺伝子が、ばっちり入っていますね。

横向きで、謎に手を前に伸ばすという、、、

それにしても、絵が下手すぎることに
家族で 驚愕しました。

小学1年生の教室の後ろに
この作品が混じってたとしても、

どれが、
高校二年生の弟が描いてる作品なのか分からないと思います。




しかも、五分(4:46:06)かかって、
この出来ですから、驚きです。



しかしながら、

弟も、やはり

“お尻から、煙を描く”という 知識を 持っていて、

その知識をもとに、描いているので、

“人がおならをしている絵”と、

(たぶん)みなさんも分かったのではないでしょうか?


ちなみに、私が描くとこうなります。

(手本というわけではないですが、、)


•したり顔
•口に手をやる仕草でお茶目さを表現
•お尻を突き出す
•お尻から、煙を描く


人が、おならをしてそうに見える“表現の仕方の知識”を
結集させて、 描いています。



父や母、私の弟、そして、投稿者もこさんは、

絵を苦手としながらも、

“おならの表現の仕方”という知識を

きちんと持っていたので、

オナラしている人が描けていましたよね。

はじめの質問に戻りますが、


顔のパーツの描き方、髪の生え方、輪郭も、

“オナラの表現の仕方”という知識を
投稿者もこさんが、どこかで学んでいたのと同じで

顔の表現の仕方の知識を漫画などをみて
意識して学んでみてください。


そうすれば、

きっと、

投稿者もこさんも

ご自分の満足のいく

オナラをしている人の絵が描けると思いますよ。^_^










以上です。
(お食事中の方失礼致しました。)

絵が上手くなりたい人のための番組《よっこらしょ!お絵描き!》

みんな集まれ《よっこらしょ!お絵描き!》の時間です。


誰でも簡単に お絵描きが上達するノウハウを
先生をお招きして紹介する番組です。

今週も 一緒に お絵描きを楽しみましょう!




今週の先生は 《ほそかわ先生です。》

ほそかわ先生よろしくお願いします。




「お願いします」


先生、今日は 何の描き方を教えてくれるのでしょうか?




「今日は 蛾(が)の描き方を勉強しましょう」


素敵ですね
蝶々と違って翅を広げてお花に留まる方ですよね






用意するものはこち




先生は、今日は 何の蛾を描いてくださるのですか〜?





「ヨナグニサンですね。


世界最大の大きさの蛾です。日本では与那国島、また東南アジアなどの暖かい所で生息しています。



3年ほど前でしょうか、神戸の祖母の家で ヨナグニサン見たんですよ
ですが、いろいろ調べていくと、
なんと、シンジュサンだったみたいです。



こんなところで あの憧れのヨナグニサンが!!って感動してたんですけど、、、あの二つよく間違えやすいんですよ」




それは、先生、残念でしたね〜。(^_^)



「では、始めます。」




先生お願いします。





「まずは、 このように外郭を 描きますね。
もう既に右翅(はね)は描いています。」





え、先生 下書きは?





「今流行りの時短で、いきなりボールペンで書いちゃいますよ〜」




なるほど、鉛筆も用意しなくていいから簡単ですねー!!





では先生、翅(はね)のポイントを、教えてください。




蛾ってね、鱗粉(りんぷん)っていう粉が付いているんで、

私は、点々を細かく描くことで鱗粉を表現してみました。」



この 茶色の部分も、紫の部分も、白の部分も、
ボールペンで、点々描いて表現しますよ」





「はい、じゃ、こんなかんじで、左前翅が出来ました。」




「はい、そして、完成したのがこちらです。」

番組の放送時間上、既に出来上がったものを用意しております。




〜完成〜





今回、番組では、ヨナグニサンを、描いて頂きましたが、先生、他にも描いてらっしゃるんですよね?



「はい、いくつか持ってきました。

これは、みなさん大好きだと思いますが、蚕ですね。」



可愛いですね〜


そしてこれは?



ベニスズメですね。 たまに街で見かけますよね!




あ、もうこんな時間です!!!
本日はどうもありがとうございました、先生。

そして、来週のこの時間は!

ほそかわ先生による「あなたも描ける!憧れの仏像!」です。

お楽しみに〜 【END】

〈「ありがとうございました 」〉





という 1人コントでしたが、


せっかくここまで読んでくれた方に先日私が発見した、
私なりの、絵が上手くなる考え方をお教えしたいと思います。


話は飛びますが
最近 、ほそかわ、プログラミングを勉強し始めました。
(無料のプログラミング言語が学べるアプリをダウンロードしたり、有料のアプリなどで勉強しています。)

まだまだ 勉強不足の身ですが、
こんな感じで
プログラミングの勉強をしていると

ある日、
プログラミングとお絵描きの
共通点を見つけたのです。


そういえば、
前回のブログから
ウェブページ上に

このような線が 入っているのは気付きましたか?


このような線を入れるのには、
こんな感じで、文章編集画面で


〈hr>と 打てば、

ウェブページでは、

線が現れるんですよ!!⬇︎これです。



【ブログの中で 線を入れたいとき、どうすればいいか、
一連の流れを表した図】
⬇︎



この原理と一緒で、

絵も、 そういう指令のカタマリで描けるんですよ。




【たとえば、
この茶色と水色の蛾を ボールペンで模写したいなぁ。って思ったときの過程】⬇︎





私は絵を描くのが好きなので、感覚で黒含有量が分かるようになってるのですが、慣れてない方は、


カラー写真を 白黒画像に加工してみると、ムラサキや、茶色とか白黒以外の色の 黒含有量がわかりやすいと思います



脳で考えて
⬇︎

表現方法を自分で決めて、
💻(プログラミング言語で)
🎨(点で 濃淡をつけて )

⬇︎

手を動かし、
💻(キーボードを打つ)
🎨(点を描く)
⬇︎

反映される。
💻(ウェブに反映)
🎨(ノートに描かれる)


どうですか?プログラミングとお絵描きって似てません?
どう表現したいか想像して、 解決方法を探し、脳から指令すると、反映されるんです。


あと、もう一つ大事なことが、あって、

プログラミング言語を学べば、ウェブページの表現の幅が広がるのと同じで、

絵を描くとき、
"自分の頭で思い描いた絵を表現するためには
どんな手法で描けばいいのか?"を 漫画や、本の挿絵など観察して 手法を学ぶと、絵の表現の幅もグッと広がります。

絵はセンスではなく、 知識の集合なんだと
わたしは思います。


このブログを読んで
自分には 絵のセンスなんてない!って思ってた方が

"なーんだ、お絵描きって簡単じゃん!"
"あ、その考え方で、
私も ヨナグニサンが描けるようになったよ!!"
なんて 言う人が出てきてくれたら、

もう、わたし、感激です!!(´-`).。oO



ぜひ皆さんも お好きな蛾を描いてみてください。







え、それ載せるの?『ずんだシェイク失敗レシピ』

こんにちは。

今回は、そこまで 美味しく作れなかった

ずんだシェイクの ご紹介です。


是非、真似してみてくださいね。



まず、みなさん、ずんだシェイクってご存知ですか?


マツコさんが、テレビで紹介して、一気に人気が出た商品みたいです。
詳しくは、↓のURLチェックです。

ずんだ茶寮 | 菓匠三全



わたしも、テレビでマツコさんが 美味しいー!って
言ってるのをみて、

絶対飲んでみたい!!って思っていました。



ですが、この ずんだシェイクを 買える場所って、

めっちゃ少ないんです!!

本場の仙台と、北海道、東京、大阪しか売店がなくて、

田舎に住むわたしの家から、

最も近い大阪の売店で 買って飲むには 片道1時間半かかります。(´-`).。oO

遠い。。。

そして、交通費、、、。


ずんだ茶寮 大丸梅田店

食べログずんだ茶寮 大丸梅田店



そんなこんなで、

テレビで観てからずっと飲めずじまいにいた、

ずんだシェイクを、

このまえ就活で 大阪に行った時に、やっと 飲めました。



初めて飲んだ感想は

めっちゃおいしい!!


枝豆の粒感が、若干残っていて、

ズゾゾッ。と、飲んだあと、

ごりごりと、 潰しきれていない豆のカケラを

噛むのが 楽しいです。


高校のアイス好きの同級生が、

大阪に行くたびに、ずんだシェイクを飲んでいる みたいで、(Instagramに頻繁にアップしてる)

ほんと、頻繁に飲みたくなる 美味しさだと、

頷けました。



でも

そんな

ずんだシェイク を 買うためだけに 片道1時間半かけて、

大阪に行くわけにもいかないので、



Let's cooking!


まず、

用意するものはコチラ。

•枝豆
•お砂糖
•お塩



なんとなく測っておきました。


① テキトーに 深めのフライパンに水を張り、洗った枝豆を入れ、沸騰するまで待つ。



②水が沸騰してから、4分くらい待つ。(もう少し茹でても柔らかくなっていいのかも?)



③皮を剥く。


薄皮は、剥きます!!




なんとまぁ、これが、めっちゃめんどくさい。



でも、なんとか、 剥き終えました。



私が大好きなエレキテル連合さんが、
ちょうど 枝豆の剥き方について 動画をあげてました!

この動画をYouTubeでチェック:

http://youtu.be/AvKgtcR8Fk0
(あんまりタメになりません。)



「勝手に剥いてくれる機械あったらなぁ〜」

って思った方には、こちらもご紹介しますね。

枝豆莢剥き機 | 小型農業機械開発・農機販売 - 株式会社ホクエツ


私みたいに、

「枝豆剥きって ちょーめんどくさい!!!」ってなって、

「よし、剥き機作っちゃえ!!」ってなったんだろうなぁ。って 。

ひたすら 枝豆を剥きながら、いろいろ考えちゃいましたよね、、、、。

効率化を考えた 先人たちのおかげで、

あの、美味しい ずんだあんずんだシェイクが、

飲めるんだと、思うと、

感慨深いというか、感謝ですよね。

精米機とか、 肉まん包む機械とか そういうあったらいいな!から 始まってるんだろなぁ、、、




④潰す。


無心で、すり鉢を ごーりごーり。

(わりと時間かかる。)

⑤ひとつまみの塩と、大さじ5杯くらいの お砂糖を入れる。

再び、すり鉢を ごーりごーり。


ずんだ餡完成


そこで、 気づいた!!!


シェイクを作るための バニラアイスがないっ!!!




⑥ 自転車に乗って 近くのコンビニまで
アイスを買いに行く。


(シェイク作るのに、アイス買ってないとか
致命的やし、

アイスのために、いや、ずんだシェイクのためだけに
コンビニまで自転車を走らせるとか、

ちょっと自分の行動力褒めたい!!!!)



そして、これは、
コンビニに行く途中で見つけた
ずんだ色の 田んぼ 。

そして、これは、先日作った、
アボカドトーストのブログです。


hosomizu.hatenablog.com

お前どんだけ、緑の潰したやつ好きなんだよ!
って思われてもしかたないほど、

アボカドペースト と ずんだ餡の酷似!!

でもずんだ餡をトーストに載せてもおいしそう♪


そんなことは、さておき

アイスクリームをゲットしました。

コンビニアイスのバニラアイスの種類が少なかったのと、
白っぽいアイスがよかったので、

こちらを選びました。ワッフルコーン以外のところを掘り出して使いました。


だいぶ脱線しましたが、

⑦ミキサーに さっき作ったずんだ餡+かき出したアイスクリーム+少しだけ牛乳を入れてスイッチオン!
f:id:hosomizu:20170621222143j:plain



そして 



f:id:hosomizu:20170621222540j:plain

こんな感じです。


f:id:hosomizu:20170621212552j:plain


嘘です

f:id:hosomizu:20170621222533j:plain


途中で ずんだ餡を つまみ食いしすぎて

こんなに少ない ずんだシェイクになりました。

ほそかわ 反省です。(´;ω;`)





では、飲んでみます。


f:id:hosomizu:20170621212508j:plain



とは なりませんでした。



めっちゃまずいとか ではないんです。

ずんだ餡とアイスと牛乳なんで
おいしくないわけはないのですが、

何かが f:id:hosomizu:20170621201009p:plain

このずんだシェイクと違います。

アイスが濃すぎたのかな?


【こんなにも 時間がかかって、期待もかけてるから、絶対美味しいはず!!!!】

という手作りずんだシェイクへの理想の高さが、


一番の 悪 ですね。


特殊なアイスクリームとか、使ってるんでしょうか。

ずんだ餡に白餡も加えているのか?!



《自宅でずんだシェイク作りに成功した方がいたら正しいレシピ教えてください!!!》


やっぱり
料理って 難しいです。

お母さんって偉大。





というわけで、

次回から ずんだシェイクを飲みたいときは

大阪に行くべきだと 思います。


ずんだ茶寮 大丸梅田店

食べログずんだ茶寮 大丸梅田店


結局、買いに行かなあかんのかい!!!

って思ったそこの あなた!

題名には、きちんと、

『ずんだシェイク失敗レシピ』と書いていますよ〜。


長々と
結局何が言いたかったのか分からないブログを
読んでくださった
みなさん ありがとうございます。