hosomizuの日記

井の中の宇宙人👽の日記

モテない奴は本を読め!

(良かったら前回のブログも)
hosomizu.hatenablog.com




前回、宣言していた通り



【人生の勝算】の読書感想ブログです。


人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)









ビジネス本ランキング上位の話題本です。



これね、ビジネス本という、枠を

ぴょーんと超えて、

見方によっては、

恋愛ハウツー本にもなっちゃうんじゃないかな?

なんて今回、ほそかわは、考えました!!




著者は、 前田裕二さん。
(猫系のイケメン?だと思います)

SHOWROOM という アプリを作った人!



『本の内容パパッと』↓


  • 8歳で両親を失う

  • お金を稼ぐために小学生から路上で弾き語り

  • どうやれば 弾き語りでお金をもらえるか小さいながら考えた前田くん

  • 幼いころから培った逆境乗り切思考法を 証券会社での仕事やアプリ立ち上げにどう使ったか



こんなにも神は、前田少年に苦労を与えるのか!?

ってくらいに かわいそうな生い立ち と


その逆境に果敢に立ち向かっていく

前田裕二さん(少年期~30歳)の
リアルな体験

赤裸々に綴られていて、



2時間のドキュメンタリー番組を観ているような、漫画をみているような?
おもしろさです。




このまえ紹介した本

成功の神はネガティブな狩人に降臨する――バラエティ的企画術


「成功の神はネガティブな狩人に降臨する」


を読んでても、
私が思ったのは、

やっぱり、リアルが1番おもしろいんじゃないかな?

ってこと。


めっちゃ真剣に 観てたドキュメンタリーが、

実は青汁のコマーシャル

国産有機大麦若葉100%青汁 3Gx60袋

ってことは、

多々みなさんもあると思うんですが、


なにげない日常に

急に病気とかの非日常が入って

それをどう乗り切ったか、、、



みたいなリアルの話には、
みんな
惹きつけられるんですよ。たぶん。

前田さんのこの本もリアルだから面白い。




前田さんは、
8歳で急に両親を失うという(不幸?)から


成功者と言われるまで

  • どのように考えて這い上がっていったか
  • アプリSHOWROOMを立ち上げたか

のリアルの体験記とともに

前田さんが、 そのとき

“学んだこと”
を 書いてくれています。



この本は、読み手にとって、

どの部分が 1番自分に刺さるか、

バラバラだと思います。



ちなみに、わたしは、


前田さんが 尊敬する先輩に、

「勉強することはなんですか?」と聞いたところ、


『とにかく人に好かれることだよ。』

とアドバイスされた。

というエピソードにググッときました。




人に好かれて、ファンをたくさん作れば、
回り回ってビジネスに役に立つというのです。



わたしのことを知ってる人は わかると思うのですが、

私はそんなに大衆に好かれるタイプではないので

これはもう、 目からウロコの嵐!!!

「ぁぁ、こうやって ファンを作るのかぁ〜」って。


人 1人に対して テキトーに扱ってなかったかなぁ?
って 顧みるキッカケになりました。

影響を受けて、
駅でのキャッチも
丁寧にお断りするようにしてたら友達に真面目すぎ!!って笑われましたが。







で、最初に この本はビジネス本の枠を超えて

恋愛ハウツー本になっちゃうんじゃないかというお話をしたんですが、



前田少年が、

路上での弾き語りの際に考えて発見した

濃い常連客をつくる法則があって、


その一つに 

『時間差でリクエストに応える』


というのがあります。


赤いスイートピー

赤いスイートピー

  • 松田 聖子
  • J-Pop
  • ¥250



赤いスイートピーの弾き語りを聴いてくれた 女性 が

白いパラソル唄える?」

とリクエストしたので、前田少年はそのとき

正直に 
「知らないので歌えません。

でも来週のこの時間にまたここに来てください」

と答えました。


白いパラソル

白いパラソル


そして、一週間後、

前田少年が一生懸命練習して唄った 白いパラソル


その女性は 1万円 を 置いたそうです。




それは、 「曲そのもの」ではなく、
1週間のあいだに 前田少年が練習したんだろうな~

どこで 楽譜を手に入れたんだろう、、
わたしのために頑張ったのか、、、、

などの

感情移入や共感が 

その女性にとって

松田聖子の唄う 白いパラソル 以上に 価値を生んだのです。



ここで 私の体験談を1つ。


一時期の私は、

湊かなえ小説やドラマが 大好きで、

Twitterとかでも
しきりに 面白い ってつぶやいていたんですね。




ちょうどその時期に、

湊かなえについて 話ができる 男の子が
現れて、意気投合して 仲良くしてたら、




ある日


「実は、湊かなえ そんなに知らんくて、

ほそかわが Twitterで つぶやいているのを見て、

自分で 本を買って話についていけるように頑張った」

って打ち明けられて、



『えっ?めっちゃ いいやつ やん!』


って 私は感動しました。



友達に言ったら、

『なにそいつ キモっ。ストーカーやん

って言ってました。笑笑

いや、たしかに ちょっとキモいけど


小説何冊も 読むって 割と時間かかるし、

もしかしたら、もうホソカワの頭の中は

湊かなえブームじゃないかもしれないのに

よくそんな努力したなぁ って、素直に感動しました。


参った。


湊かなえの話ができるという価値よりも

私と話をするためにかけた時間と努力 に 

価値がある!!!って 

思いましたもん。





前田さんは、本の中でもしきりに

容姿や生まれつきの才能に恵まれてなくても

後天的な努力で報われることについて書いています。




今、モテなくて困っている、みたいな人は

自分は、努力が足りないと思ってください。


ただし、その人が何を本当に求めているのか考えることが重要です。



この前、キングコング西野さんが、

ファンの方に、
差し入れは やめてほしい、大量の消費しきれない
生モノがゴミ箱に捨てられるのは見たくない!!

ってブログに書いていました。

たぶんファンの方は、振り向いて欲しかったり、
ありがとうって言ってもらいたかったり、

きっと西野さんが喜ぶはず!

と考え
食べ物の差し入れを調達したはずですが、

受け取る西野さんが本当に欲しがっているのか?
という想像力が、欠けていると、

差し入れ調達の努力も 水の泡で、
しかも西野さんにとっては重荷になるので、
西野さんを応援したいファンとしては、本末転倒になっちゃってる、ていう。。。


だから、みなさんは、


相手が 自分に 求めていることは何かをきちんと見極めないと、

間違った無駄な努力 をしてしまうことになるので

気を付けてください。





タイトル

『モテない奴は本を読め!』としましたが、

『モテない奴はこの本を読め!』に訂正!!

人生の勝算 (NewsPicks Book)




この本を読めば、


努力で、かわいい、かっこいい、知的、行動力、地位、肩書は
つくれるんだ 

ってきっと 思えます。




昨日 AbemaTVにて、

幻冬舎 見城社長の『徹の部屋』に

私がこのブログをするキッカケとなった西野さんと

hosomizu.hatenablog.com

SHOWROOM株式会社社長 前田さん が出演されてました。


人生の勝算についても 語っていて、めっちゃ面白いし

今なら無料で観れるから オススメです!!


https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9dKapUGkc3nTJw?utm_campaign=slot_share&utm_source=referral&utm_medium=referral






あと、みなさんには関係ないかもなのですが、


今更ながら最近

某事件の逃亡者が書いた
リアル本も読んだんですよ!

自分の顔を自分で整形しながら逃亡してた人の実録本。


いや、ほんとに
言葉で言い表せない衝撃の嵐に脳内がパンクしそうになってた自分がいて、

いったい

どこの出版社がこの本出したんだろうと思って探したら、



なんと

幻冬舎』さん 

そして、発行者 『見城徹』さん。


だったので 個人的に なんか 繋がった感





以上です。