hosomizuの日記

井の中の宇宙人👽の日記

実は前回の記事・・・・

はい、

 

実は前回の記事で取り上げた

世界的 有名な未来インテリアデザイナー

 カコ・オカモト氏 。

 

 

hosomizu.hatenablog.com

 

じつは、じつは、、、、

 

 

全くの 素人。

 

 

 

でもないか、、、

 

 

私の1つ年上の先輩で、

大学卒業後→就職ではなく、

インテリアの大学に 行き直しているという

大学1年生です。

f:id:hosomizu:20170710000728j:image

 

つまり、未来は、インテリアデザイナーになりたい学生!

 

あながち、間違いではない、肩書き↓

 

f:id:hosomizu:20170709132235j:image

 

 

 

 

 

【あれ?ホソカワ、やばいやん!

なんか、セカイのオカモト?!え、有名な人?と接触してるやん!!】

 

って何人かは、 勘違いしちゃった人もいたのではないでしょうか?、、

 

ちなみにお父さんは勘違いしてました。

 

(きっと先輩のご友人が 前回のブログをみると、 

すぐにオカモト氏が 世界的有名インテリアデザイナーではない!と 気づきましたよね。。)

 

 

 

 

 

ではなぜ 私が 半フィクション

 嘘インタビュー記事をかいたかというと、

 

 

こちらの雑誌を読んだからなんです。

 

 

KINFOLK HOME

KINFOLK HOME

  • 作者: ネイサンウィリアムス,Nathan Williams
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/10/30
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

『KINFOLK』:2011年アメリカ オレゴン州ポートランドで創刊されたライフスタイル誌。

 

 

KINFOLKは丁寧な暮らし方についてを

綺麗な写真と言葉で 語ってくれる雑誌で、

 

見ていて

すごく感化されますし、読んでいる自分も

素晴らしい人間であるかのような

錯覚を起こします。

 

 

今回私が手に取った KINFOLK HOME は

35人の暮らしのスペシャリストのお家に

お邪魔して″暮らし”をテーマに

語ってもらう という 内容でした。

 

 

(内容はあいまいにしか覚えていないのと、

本のネタバれになるといけないので

だいたいこんな感じというものを例に挙げてます)

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ある北欧の建築士

ウィリアム•ペタンソー(仮)の 暮らし についての インタビューは

 

f:id:hosomizu:20170709024448p:image

「僕は、仕事をするときは 完全に一人の部屋で 夜遅くまで取り掛かるよ。かの有名な偉人たちも夜型と聞くしね!あとは、体には悪いと 思っているけどコーヒーを飲むのも 僕の こだわりさ。」

 

わたしの 心の声

「なるほど、白くて大きな壁には、有名な人が描いていそうな 抽象的な絵が飾ってあって、無駄なものを置かないって 感じがなんか素敵。

仕事は、夜にすれば   はかどるのか?

わたしも夜型やし、、」

 

 

続いては、

インテリアデザイナーとして活躍する

アメリカの 女性カレン•ウォーカー氏(仮)の暮らしについての紹介。

 

f:id:hosomizu:20170709024557j:image

「私も、彼も 潔癖症なの。

でも、子供もいるし、完璧主義者でいることは、あえて避けているの。子供の教育のためにもね。

仕事のときは、 私は子供がまだ起きてないときに、私だけの空間で作業をするの。

早朝よ。

食べ物は できるだけ体に良いものを摂るようにしてるわ。」

 

 

 わたしの心の声 

「こんなに小さな子供がいるとは、思えない綺麗すぎるリビング!すごい!子供のために、早朝に起きて仕事するかぁ。。朝活スタイルね。空気も澄んでて朝ってなんか集中できるよね。体に良いものを食べるかぁ、、、いいよね。」

 

 

そこで、

 

 

 

わたしは、

 

 何かが、

 

 

 

おかしいっ!!

 

 

って気づいたんです。

 

 

 

50回転ズのビックリ!!

 

 

 

 

  • 夜型推奨 VS 朝型推奨

 

  • プチ不健康推奨VS絶対健康生活推奨

 

「いや。どっち真似すればいんだよ!」

 

 

でも、どっちの生活スタイルも、

素敵に見えちゃう魔法。。。☆彡

 

 

あとね、1番 アレ?ってなったのが、

 

「お前誰だよ!!問題」

 

f:id:hosomizu:20170710003801j:image

 

 

 

“誰もが知っている”ていで 語られる登場人物に、  

 

いつも違和感を湧かないのは、

 

何故だろう  って、 

 

気づいたんですよ。

 

 

前回の記事で、取り上げた

 

カコ•オカモト氏。

 

 

おそらく、読んでいて、

 

「未来インテリアデザイナー?有名?

わたし知らなかったんだけど、、、」

         ↓

よしっ、

どんな人か調べてみよう!検索!

 

って思って、検索画面で実際に

「カコ•オカモト」と、

 打った人って  

ほぼいないんじゃないかな?って思います。

 

わたしも、

こういう有名人が語る系の記事を見て、

その人を知らなかったときに、

わざわざ、人物検索することってないんです。

 

インテリアデザイナーとして活躍する
アメリカの 女性カレン•ウォーカー氏(仮)の暮らしについての紹介。

わざわざ、カレン•ウォーカー氏を調べないですよね。

 

 

 

 

もしかしたら、雑誌に取り上げられている 

リュウ・カイ氏とか、バサラ・オータム氏(←想像で適当に作った名前)とか

 

本当は 

名前検索しても、

インテリアデザイナーとかファッションデザイナーとして活躍してないかもしれない!!!

 

 

って思ったら めっちゃ怖くないですか!?

 

 

怖いですよね、洗脳ですよ一種の。

 

 

だから、

 

 

わたし 

 

こういうインタビューとかあったら、

これからは 絶対に 一回 検索してみようと 思いました。

 

 

 

 

みなさんも 肩書とかにだまされないようにしてください。

 

 

 

 以上です。

 

 

 

 

 

ちなみに、カコ・オカモト氏は

一切、こけしスパイスなどの発言をしておらず、

 

前回の記事は全て 私 が 妄想で創り上げた インタビュー記事です。